切断面コントロールカッティング|彫刻刃型 彫刻トムソン型 精密トムソン型(ビク型) 自動排出型 抜型 抜き型 精密な刃型 山形 山形市 高橋型精

高橋型精の特徴

経済産業省『元気なモノ作り300社』に選出いただきました!!

株式会社 高橋型精 オフィシャルブログ

楽々採便 楽流カップ

オリジナルカッティング(切断面コントロールカッティング)
トップページ >オリジナルカッティング >切断面コントロールカッティング

切断面コントロールカッティングとは

その名の通り、切断面の面粗度(Ra)を一定の範囲でコントロールすることができます。
また、レーザーでは不可能な『微細パターン加工』にも対応し、刃型の複数面付により高い生産性(加工スピード)を得ることができます。

切断面コントロールカッティングの特長

面粗度(Ra)をコントロール
切断面の面粗度(Ra)を一定範囲でコントロール。面粗度を数値(Ra等)管理。
微細パターン加工
レーザーでは不可能な、微細パターン加工に対応。
高い量産性
刃型の複数面付による高い量産性(加工スピード)

お問い合わせはこちら